やがて来る日

こんにちは、ますかっとです。
立春を過ぎても、春はまだまだ遠いですね~

今回は、ちょっと身に詰まされるお話です。


家族が体調を崩して入院している時、
同室の方がひと足早く退院されることになりました。

その方は70代の女性。
脚の具合が悪くて治療を受けられていましたが、
完治の見込みが立たず、退院のその日も
一人では歩けない状態でした。

病院の中では、車椅子か歩行器で移動できましたが、
自宅ではどちらも使うことができないため、
トイレにも這って行くしかないと言うのです

これからが大変だ。
お迎えに来た、二人暮しのご主人も
苦笑するしかない、といった様子でした。


若くて健康な時は、気がつかない事って
たくさんあります。


~ちょっと考えてみてください

朝起きてから、夜寝床に入るまで、
どれだけ立ったり・座ったり・歩いたりを
繰り返しているか・・・。

もしも脚の具合が悪かったら・・・と仮定して、
あなたの家の中には気になる所
どのくらいありますか?

私の実家はどうだろう
 ・敷居の段差がある
 ・廊下に10㎝の段差がある
 ・廊下とお風呂に手すりがない
 ・引き戸が重い

それに介助する場合のことを加えると、
 ・廊下が狭い
 ・お風呂の入口が狭い
 ・お風呂の浴槽が深い
・・・結構、思い当たります・・・

両親がもっと歳を取って、
介護が必要になった時のことを想像すると、
大げさではなく背筋がぞくっとしてきます。
そして、やがては自分も・・・

人は誰でも歳を取ります。
今できていることが、簡単ではなくなります。
つらいけれども、それが現実。

それならばせめて、家の中で
少しでも苦労が軽くてすむように、
少しでも安全で・安心して暮らせるように。

『将来を見据えた家づくり』

それが是非とも必要だと、
強く強く感じた出来事でした。

皆さんは、どうお感じになりますか?



家のこともっと知りたいよねー
詳しくはこちら  http://www.towaken.com/
本当に

健康なときって思いもつかない
ちょっとしたこと。
介護される方・する方・・・。
両方、よく考えないといけませんね!!

2011.02.17 07:26 きらく #- URL[EDIT]
本当に!

これは大きな問題ですよね。
いつまでも、元気でいられるように
身体と心のメンテナンスも大事かも
知れませんね♪




2011.02.17 11:07 ますかっと #WiBucywE URL[EDIT]
同感です!

私も若い頃は、特にそのような事を
何も考えてはいなかったです。
建築家(私)としては失格ですよね~~。

ただ、最近の設備機器は機能性が多く、
操作が複雑で、使用されている方が非常に
困っているのが現状です。
高年齢になっても脳を使うことが大事だとは
わかってはいますけど、各メーカーさん方も、
このような現実を少しでも解かってもらいたいものです。
”シンプル is the ベスト”の商品の開発を!!

2011.02.21 10:14 燦ホーム #- URL[EDIT]
そうですよね!

<燦ホームさま

確かに私もそろそろ怪しくなってきてます。
高機能はありがたいけれど、
操作が複雑・・・これでは意味がないですね~

2011.02.21 11:55 ますかっと #WiBucywE URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する