命あっての物種(ものだね)

こんにちは~ ますかっとです!
あっと言う間に2月ですね

先日の記事の終わりにちょこっと出てきた
住宅用火災警報器
火災を察知したら、まず何よりも避難です

「住宅用火災警報器(以下、住警器)」とは、
こんなカタチで、住宅で発生した火災を
いち早く知らせてくれる機器のこと。
住警器煙式

消防庁による実際の被害状況分析によれば、
住警器を設置した場合は、非設置の場合に比べて
被害が半減したという結果が出ているようです。
やっぱり効果があるんですね~

改正消防法により、新築住宅では2006年6月1日から
全国一律で設置が義務づけられています。
既存住宅に関しては、各市町村条例の規定により
今年、2011年6月1日までに順次義務化
が進められています。

お宅ではもう、取り付けは済んでいますか

 
【設置する場所は?】
寝室」と「階段」です。
 これらの壁もしくは天井に設置します。
※自治体によっては「台所」にも設置義務あり。

【検知方式は?】
煙検知式・・・「寝室」と「階段」に設置義務。
熱検知式・・・「台所」や「車庫」に向いています。
※その他紫外線式,一酸化炭素式,赤外線式など。
 
【電源は?】
電池式・・・配線いらずで、設置が簡単。
プラグ式・・・家庭用電源を使い、コンセントへ差し込む。

【作動形式は?】
単独型・・・設置場所ごとに単独で作動。
連動型・・・設置場所のどこかで火災信号が発生すると、
      配線または無線で連動設定された全ての場所で作動。

【どこで買う?】
ホームセンター・電器店・ガス事業者・警備会社などで購入できます。

【取付方法は?】
電池式ならドライバー1本で簡単に取付られます。
購入した所で取り付けをしてくれる場合もあるので確認を。

【値段は?】
煙検知式の電池式では、1個3,000~4,000円の価格帯のものが
多く出ているようです。

【メンテナンスは?】
・ときどき乾いた布で軽く拭く。
年1回、作動点検をする
・電池式の場合は、電池交換。(通常多くは10年目安)

いずれも、メーカーや機種によって扱いが違ってきますので、
「取扱い説明書」に従ったメンテナンスが必要です。

【その他】
高齢の方や、目や耳の不自由な方のために
音や光の補助警報装置の増設も可能です。

住警器消太1 推進シンボルキャラ「住警器消太」くん 消防庁PRページ

万が一の備えは、しっかりとしておきたいですね

毎晩安らかに眠るために
そして
大切な家族の命を守るために


家のこともっと知りたいよねー
詳しくはコチラへ  http://www.towaken.com/
最近は温かく・・・

昨日もご近所で火災があってました。
やはり、自分の命は自分で守る!!
が一番ですね!!
ほかの方への事も考えて・・・。

2011.02.05 07:53 きらく #- URL[EDIT]
怖いですね(>_<)

きらくさま♪

本当ですね!!
自分のため、周りのためにも
失火には注意しなければ!

2011.02.05 22:28 ますかっと #iB0LQUFY URL[EDIT]
昨日

コメントありがとうございました。
昨日はTV映っていませんでした。
楽しみにされていたのにごめんなさ・・・。

2011.02.11 07:19 きらく #- URL[EDIT]
あらら

きらくさま♪

残念!( ̄▽ ̄;)
姪っ子ちゃんもがっかりですね…
でも、あの七草祝いの風習の中で
姪っ子ちゃんは育ってるんですね~♪
子供の無病息災を願う心を感じました(^^)v

2011.02.11 08:24 ますかっと #iB0LQUFY URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する