09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

TOWA家づくりダイアリー

工務店で働く女性から見た家づくりに関する色々

へそを隠すまえに。。。 

昨日は雨で肌寒かったぁ (^_^;)
暑かったり寒かったり、体の調子もおかしくなっちゃいますねぇ。

先日は寒気の影響で大雨・雷・突風・ひょう等が起こりやすくなっていましたね。
雷・・・今年は少し多めな気がします。

こちら地方では、雷のことを 「らい様」 「れー様」 などと呼んでおります。
「稲妻」 が起きると、稲の花を咲かせるとも言われますね。。。違うけどね ( ̄▽ ̄;)
神様にまでなっちゃうくらいだから、昔からずっとこの国の人にとっては
恐ろしくもありがたい、自然現象のひとつだったのでしょう。


今から10年位前だったか・・・
ウチの会社が入っている3階建てのビルに、雷が落ちたことがありました。

ドーーーン!!ズシーーン。。。停電。

これは明らかにどこか近くへ落ちたぞ!!
窓に駆け寄って周りの様子をうかがうと、なんと停電してるのはウチのビルだけ (・_・;)

ウチの社内では、有線放送のアンプと、テレビデオ(懐かしい~♪)が
昇天されました m(__)m
落雷の電気はどこへ流れるか分からないので、運がなかったのでしょう。

後日確認したところ、屋上に並んだエアコンの室外機がぶっ飛んでいたらしく
らい様はどうやらそこへ落ちてきたようでした。
そんなことってあるんですねぇ (>_<)コワー


よく、雷が光ってから音が鳴るまでの時間で 「遠い」 「近い」 を判断するって
聞きますけど
稲光もしくは雷鳴が表れていれば、そこに雷雲が発生しているということなので
注意をした方が良いんだそうです!!

電気製品を使用中ならば、ちょっと使うのを控えた方が良いかも知れませんね。
そして可能なものは、プラグをコンセントから抜いておくと
万が一、雷が直接または間接的に落ちた時にも故障するのを防げます v(^_^)v

「雷サージガード機能付きコンセントタップ」 にプラグを差し込んでおくお宅も
あるかも知れませんが、絶対に安全ではないようですよ。

パソコンに関しては、一瞬チラッと停電する 「瞬停」 も危険です。

   瞬停対策には 「無停電電源装置(UPS)」 を利用するのも一案。
   停電時に、蓄電池から数分間給電する装置です。
   これで慌てず騒がず、作業を中断&データを保存した後でシャットダウンを行なえます。

   パソコンの電源やモデムの電話線を 「サージプロテクタ」 を通して接続することで
   過電流を放電・遮断する方法もあるようです。

仕事ならともかく、自宅のパソコンならばプラグを抜くのが一番手軽で安心 (*^^)v

パソコンに限らず、冷蔵庫とエアコン以外の電気製品について
使わない時やどこかで雷が鳴りだした時は、プラグを抜いておきましょう。
可能な範囲でね♪ ( ̄ー ̄)y-゜゜゜

・・・って、実際やるかなぁ? 面倒でやらないかも。。。という方。
ま、最後の手段として 「火災保険」 には入っておきましょうかね (^_^;)

これから、雷が発生することの多い季節に向かいます。
思い出したら、ちょっと気にしてみてください (^_-)-☆


家のこと、もっと知りたいよねー ヽ(^。^)ノ

詳しくはコチラから  http://www.towaken.com/



Posted on 2012/05/23 Wed. 17:47 [edit]

category: 電気設備

TB: 0    CM: 16

23

照明器具 ~年末大掃除編~ 

こんにちは!ますかっとです。
お越しいただき、ありがとうございます

いよいよ12月に入ってしまいましたね~
やらなきゃいけないことが山積みで、
軽くパニックです


年末といえば「大掃除」ですが、
少しずつ計画的にやっていこうと、
毎週土・日のスケジュールを立てることにしました。

先ずは高いところから・・・と
天井を見上げて

はぁ~『照明器具』だよ

ウチのリビングの照明は、天井から吊るタイプ
なので、
ホコリや汚れがカバーの上にもくっついています。
照明1
はじめに掃除機でホコリを吸っちゃおうにも
クルクル回転したり、カバーがずれたり、
それはイライラするものです!!!

天井から伸びる電線部分は
もはや届かないものとあきらめているので、
ホコリと汚れで、イイ飴色になってます


一方、キッチンの照明は天井付けの行灯型
五面をちゃっちゃと拭けば終了
照明2
余裕♪


んー
家をつくる時の「照明器具選び」って
楽しいものですよね

家族であれこれと悩むのも
良い想い出になることでしょう。

実際私も、30年前の実家の建替えの時
自分の部屋の照明を
自分で選ばせてもらえたのは嬉しかったな


でも・・・

ペンダント型、電球型、スポット型、天井埋め込み型・・・etc

設置場所によってどんな使い方をするか?
電球の交換やお手入れはしやすいか?

デザインだけではなく、
そんなところにも想像をふくらませて選んでみれば、

年末の大掃除も必要ないくらい
楽チン
できちゃうかも?ウフッ



家のこともっと知りたいよね~

詳しくはこちら  http://www.towaken.com/


Posted on 2010/12/07 Tue. 17:53 [edit]

category: 電気設備

TB: 0    CM: 2

07

いろいろコンセント! 

今日は冷たい風が吹いて、寒いですね


さて、遅くなりましたが、さまざまなコンセントのご紹介です


まずは身近な所から、わが社内のコンセントを。
ダブルコンセント  ま、これはごくフツーの2口のモノですが、4口6口もあります。


アップコンセント  これはアップコンセント。床上に設置するもの。
使いたい時だけ、びょんと起こします。
歩きまわる場所にあると危ないので、テーブルの下に使うと便利
危険防止のために、ホコリには注意ですよ~


ここからは、パナソニック電工の商品を例にとりましょう。
(赤字をクリックすると詳しくご覧になれます)

(1)マグネットコンセント  
うっかり電線を引っ掛けても、すぐに外れるので安全
お年寄りにも安心

(2)マルチメディアコンセント
TVやパソコンの電源プラグなどを集約できる
リビングや書斎・勉強部屋に

(3)あけたらコンセント
壁スイッチのスイッチ部を開けると、コンセント内蔵
1台2役で壁面がスッキリ

(4)かってにナイトライト
センサーで点灯・消灯。保安灯の機能を持つ


・・・その他、いろんな製品が出ています

くわしくは、「Panasonic配線計画」をご参考まで。



少し値段が張っても、私はこだわりたいのよっ!
・・・という方には、
素敵なコンセントプレートも出ています。

例えば、
NARUMIのコンセントプレート

陶器の温かみと可愛らしいデザインで
お部屋のコーディネイトのアクセントになりそうですね





それから、既存の住宅や建物にコンセントを増設する場合について
少し触れておきますね


コンセントの増設 ←なかった所に新たに設置する場合
  
  使用電力が小さいものを利用する場合は、既存のコンセントを
  分岐します。
  逆に消費電力が大きいものを利用する場合、分電盤から新規に
  専用線を配線する必要があります。

  くわえて、配線を「埋め込む」のか「露出する」か、によって
  工事の内容と金額が変わってきます。
  場合によっては、埋め込みができない為に、仕方なく露出する
  しかないこともあるようです。


差込口の増設 ←2口から4口などに変更する場合

  これも新規増設と同様、場合によっては専用線を必要とします。



いずれも業者さんとよく相談して、見積もりをとるのが大切です!



なんでも気軽に相談できて、的確なアドバイスをくれる・・・
そんな業者さんに出会えることで、
住みごこちの良い「家づくり」に一歩近づくのかもしれません。

家は、しあわせの入れ物ですから。


そんな気持ちで私たちも、お客様に向き合いたいな・・・と
「コンセント」から飛躍のお話でした。



家のこともっと知りたいよねっ

くわしくはこちら → http://www.towaken.com/





Posted on 2010/11/09 Tue. 09:59 [edit]

category: 電気設備

TB: 0    CM: 1

09

コンセントのお話 

なんだか急に寒くなっちゃいましたね

私の暮らす「郡山」は、数日前に
最高気温が10℃前後という寒さを記録

もう暖房器具がなくては過ごせません

「コタツ」「ホットカーペット」「ファンヒーター」・・・
あらゆる暖房家電が顔をそろえます。


、、、となると、いつも感じること。
『コンセントが足りないじゃん!』
「タコ足配線」は危ないよね?


ところで、「コンセント」って
好きな場所に、いくつでも、付けられるって
知ってましたか?
私は知りませんでした


家をつくる時には、標準プラン的なものがあって
黙ってても(各部屋2か所ずつ)くっついてくるものかと

これは、いわゆるローコスト住宅のつくり方なのだそう


工務店の事務員として、こんなことじゃイケナイので
ちょっとお勉強



家づくりの第一工程は、設計ですね。
建て主さんがどんな暮らしを望んでおられるのか、
を設計図面で表現する作業です。


ここで、リビングルームを例にとりましょう。

リビングの壁面に大型テレビを置いて、正面にはソファ。
 家族でDVDを楽しみたい。
天井に埋め込み型の照明とシーリングファン。
 コーナーには背の高い置き型の照明と観葉植物でお洒落に。
エアコンは絶対付けたいし、冬はオイルヒーターも。
 ソファの下のラグはホットカーペットとしても使えるもの。
掃除は電気掃除機を使うつもり。


・・・さて、こんな感じで
どこに、いくつの、コンセントが必要でしょうか?
ちょっと考えただけでも、2か所じゃ全然足りない!!!
しかも、家電から伸びる電線が長いと危険じゃない!?


こうして細かいことを一つずつ確認しながら
設計が進んでいくわけです。


仮に、
家全体でコンセントをもう10か所増やしたいな・・・
という場合
およそ50,000円~60,000円が
工事代金にプラスされます。


でも、実際に生活が始まってからの増設や移動は
もっと費用がかかったり、見栄えが悪くなったり、
良いことはあまり無さそう・・・



『たかがコンセント、されどコンセント』
よーく考えてみませんか?


次回は、適材適所の“優れモノ”など、
いろんなコンセントをご紹介します!



家の事もっと知りたいよね~

詳しくはこちら  http://www.towaken.com/













Posted on 2010/11/01 Mon. 13:24 [edit]

category: 電気設備

TB: 0    CM: 1

01