09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

TOWA家づくりダイアリー

工務店で働く女性から見た家づくりに関する色々

国道114号通行止め解除 

国道114号(津島ゲート~浪江IC間)の通行止め解除のお知らせ 

 国道114号の津島ゲートから浪江ICまでの通行止めが平成29年9月20日(水)に解除されました。
 許可証なしでの自動車による通過が可能となっています。
 なお、一部区間で携帯電話が不通となる箇所があります。公衆電話、非常電話を配置しております。

 ※1 自動二輪車、自転車、徒歩による通行はできません。
 ※2 国道114号に接する県道34号及び県道49号(どちらも国道114号から北側のみ)についても通過できます。
 ※3 ※2以外の国道114号に接する国道、県道等については通行できません。(バリケード設置)





201710131831_0001.jpg



このニュースを見てから密かに機会を伺い、10月9日思い切って走ってきました。


平成23年3月12日の一部制限から、6年半ぶりのこと。
東日本大震災発生6日前の3月5日に、この道を通って浪江の町中に行っています。





川俣町で国道349号線と交差する信号を直進する時、少し緊張が走りました。
意を決したというのが正直なところ。


夕方4時を少し回った頃、傾き始めた秋の陽が背中から影を伸ばしていました。
そこから浪江町請戸川の河口まで、一気に走りました。




少し走ったところが、川俣町山木屋地区。
原子力災害がなければ知ることもない地名だったかも知れません。


チラっと見えた線量ポストの数値は0.316μSv/h。
ちなみに、ますかっとの郡山の自宅そばでは、この日0.08μSv/hでした。





震災の前は未走だった区間がしばらく続き、やがて葛尾村方面からの合流地点に差し掛かります。
ダッシュ村の西手の道を進んできたところで、現在はまだ通れないようでした。
少し先の114の青いおにぎり標識の下、「阿掛」の文字が懐かしくも寂しく感じられます。


東進する車列はまばら、対向車線からは予想以上の台数の車が向かって来ました。
南相馬市、浪江町方面に元々の自宅を持つ人たちも含まれているのでしょうか。


道路脇には点々と黄色い看板が置かれ
「帰還困難区域内のため、長時間の停車はご遠慮願います」といった内容の文言。
まだまだこの辺りは普通の土地ではないという現実を突きつけられる言葉です。


私にとっても懐かしい車窓の景色は、人知れず朽ちながら黙ってそこに居続けていました。





昔、浜で採れた塩を内陸部へと運ぶ街道だったというこの道。
トンネルを幾つもくぐり、ダムの横を過ぎ、山間部をようやく抜けたかと思われるころ
狭かった空がぐんと広がって見えてきます。


海に近い国道6号線が近づくと、車の往来が一気に増えました。
何度も通った町の様子に、嬉しいような、どこかよそよそしいような複雑な気持ち。





阿武隈高地から
IMG_1071.jpg


太平洋に注ぐ。
IMG_1072.jpg


小一時間ノンストップで走り続け、ようやくここまで来てカメラを手にできたのでした。
この辺の様相もだいぶ変わっていて、本当に行きたかった所へはたどり着けず残念。


あの地震がなければ、もう間もなく、遡上するサケで大きなお祭りが催される頃だったはずの
請戸川です。





陽も落ちて、6号線の知命寺交差点まで戻ったあとは、そのまま国道を南相馬まで北上して
帰宅の途につきました。


国道4号・郡山⇒松川町・県道51号⇒県道39号⇒国道114号・川俣町⇒国道349号横断
⇒浪江町⇒国道6号・知命寺横断⇒県道254号⇒請戸橋⇒国道6号⇒南相馬市原町区・県道12号
⇒飯舘村・川俣町⇒国道349号⇒二本松市・田村市⇒県道50号⇒国道288号⇒郡山
合計224.5km、約5.5時間。


備忘録として記しておきます。
また行くぞ!!( `ー´)ノ






Posted on 2017/10/20 Fri. 21:28 [edit]

category: その他

TB: 0    CM: 3

20

買ったあとで後悔 (´・ω・`) 

2017年も、はや10月ですね!!Σ(゚Д゚;)


今年は、クラス会の幹事に9ヶ月、歯医者さんに7ヶ月の月日を費やし
なんだか1年分のエネルギーをすでに使い果たしちゃった感のますかっと。


おかげ様で充実した日々を送ることができました。
あとはもう、おまけみたいなモンですよ ( *´艸`)





話しはガラリと変わりますが
昨日遅いお昼ご飯を調達しに、近所のスーパーへ行って発見しました。


IMG_1079.jpg
今年も出しましたか、カルビーさん♪
福島のソウルフード 「いかにんじん味」 のポテチです。


今年は去年のお味からグレードアップしているでしょうか? (・∀・)








ふと隣の商品を見ると
IMG_1078.jpg
仙台牛の炙り焼味?








そのまた隣を見ると
IMG_1077.jpg
今度は山形・・・(゚д゚)!








もしや、もしや
IMG_1076.jpg
・・・秋田 (゚∀゚)








ならばやっぱり
IMG_1075.jpg
当然・・・岩手 (; ・`д・´)








そして、ついに
IMG_1074.jpg
青森まで!!(≧▽≦)






東北6県コンプリート♪♪
財力にモノを言わせて、大人買いっ ( `ー´)ノ
占めて630円、税込みっ!!




さて、果たしてコレを全部食べるのか? 食べて良いのか??(◎_◎;)
良い訳ないよねぇ。。。


強いて言うなら
盛岡のじゃじゃ麺と、秋田のしょっつる鍋は食べたことがないので
ちょっぴり気になるところですが💛 (´艸`*)


やっちまった~~~(≧◇≦;)







Posted on 2017/10/10 Tue. 18:57 [edit]

category: その他

TB: 0    CM: 18

10

作戦、とりあえず終了 (`・ω・´)ゞ 

平成29年8月14日、月曜日。
未明にふと目を覚ましたのは、ドシャ降りの雨がトタン屋根を叩く音のせい。
(´-ω-`).。o○ やっぱり今日は無理かなぁ? 


明るくなってからも、霧雨が降ったり止んだりを繰り返す具合だったけれど
とにかくもうダメ元で実家の玄関を出発しました。





午前8時30分。
中学校の駐車場にはひとり、またひとりと参加者が集まりだして
期待と不安が高まってきます。


卒業以来の再会という人が駆けつけてくれた時には
思わず感激の女子チーム💛(´ー`*)


4月の現地調査から4か月。
福島のDちゃん、鏡石のRちゃん、郡山のますかっと等3人の幹事は
仕事や休日の合間を縫って、ファミレスやLINEで打合せを重ね
なんとかようやくこの日を迎えることに。





やがてミニショベルも無事到着、現場に搬入されて
いよいよ3年3組のタイムカプセル発掘作業が、小雨の中で始まったのでした。





幹事のDちゃんの挨拶のあと、Nくんの操作するミニショベルがついに表土を掻き始めて
・・・なんだかすごく大事(おおごと)になったなぁ、と思ったら
ちょっぴり笑いがこみ上げてきちゃいましたw (´艸`*)
IMG_1033.jpg



雨が強くなったり、弱くなったり、上がったりする中を
どんどん・・・
IMG_1036.jpg



どんどん・・・
IMG_1037.jpg



どんどん掘り進めるも、きれいな山砂の層が続くばかり。
タイムカプセルを埋めた場所はここなのか?「そもそも論」が皆の脳裏をかすめ出し・・・
IMG_1038.jpg



うーーーーん、途方に暮れる10人 (´Д`;)
IMG_1039.jpg



土木工事関連従事者であるOくん、Kちゃん、Nくんによると
このまま掘り続けても状況は変わらないんじゃないか、という見立てでした。


どうやら数年前の改修工事の際に、部分的に植栽が抜かれていて
そこへ新しい山砂を入れ、砂利を敷いて転圧している模様です。


その工事の際に、埋まっていたものはすべて処分されたのではないかと推測。
埋戻して原状回復までのことを考慮すると、
ここは涙を呑んで「諦めよう」という結論に達しまして


タイムカプセル発掘ならず (>_<)




掘ったところを粛々と埋めてゆく。。。
IMG_1052.jpg



何とも無念な結果に終わってしまいましたが、35年の歳月を思えば
仕方のないことかも知れませんね。
発掘できたとしても、埋めた当時の状態で取り出せたとは思えませんし。。。


去年の暮れに、Rちゃんと酔った勢いで思いついたこととは言え
たくさんの人の賛同と協力をいただけて
実際にここまでこぎ着けられたことは、本当に本当にありがたいことでした。





翌日開かれたクラス会では作業の様子を撮った映像を見ながら
楽しいお酒と料理を頂きました (´人`*)


担任のK子先生曰く
「タイムカプセルが今回見つからなかったことは良いことだと思う。
きっとどこかでみんなの行く末を見守ってくれてるのかもしれない。」


さすがに学校の先生。
残念な出来事を良い出来事に変えてしまうのも、自分の心持ちひとつ。。。
そんなことを教えられたような気がしました。





・・・・・ということで、とりあえずミッションコンプリート!!
あくまでも、とりあえず・・・・・( ̄ー ̄*)キラーン






Posted on 2017/10/06 Fri. 20:20 [edit]

category: その他

TB: 0    CM: 10

06

狩猟月 

2017年10月6日(金) 満月












Posted on 2017/10/05 Thu. 12:00 [edit]

category: その他

TB: 0    CM: 4

05

みちのく阿波おどりin郡山 

16日からの三連休。
初日の土曜日は、久方ぶりに汽車で出かけてきました。


4つ前の駅から乗車した両親と合流して、水郡線に揺られること5分。
郡山駅前でのイベント見物のお伴でした。


みちのく阿波おどりin郡山 2017

Facebook



到着した頃、駅前の西口広場は100人超の見物の人々で賑わっていて
カメラ小僧、否、カメラ爺もあちらこちらに。


ずらりと並べられたイスに腰を落ち着けた頃には
「連」と呼ばれる団体ごとの演舞も、すでにいくつか進んでおりました。





特に興味があるわけでもなかった「阿波おどり」でしたが
実際目の当たりにしてみると、なかなか素敵でして。


たおやかな女踊り。

DSC05859.jpg
 ※写真はお借りしています。

笠と裾除けの後ろ姿がなんともあでやかでございます。
が、見た目の優美さに反して、かなり過酷そう。。。(゚Д゚;)


下駄を履いて常につま先立ちの状態。
しかも拍子に合わせて、つま先をトン!とやったりするもんだから
鼻緒の部分に体重が掛かって痛そうだし


腕はずっと「万歳」の高さに上げっぱなしで
指先がキレイに見えるように神経を集中させている様子
なおかつ笑顔。。。

相当大変だよこりゃ (´・ω・)





でも本当、「百聞は一見に如かず」だなぁ。


滑稽で豪快な男踊り、しなやかで凛とした女踊り、
跳ねるような二拍子で踊る人や見る人を盛り上げていくお囃子。


老若男女の笑顔につられて、心が湧き立つような秋の夕べでした (´艸`*)



IMG_1070.jpg





Posted on 2017/09/29 Fri. 20:33 [edit]

category: その他

TB: 0    CM: 10

29